ダイエットは3食きちんと食べるのが健康的

不規則なメニューはダイエットの天敵

なんとなく食事回数を少なくしたくなるでしょうが・・ 
3食きちんと食べることこそが、健康的に痩せることになると考えます。

食べないシェイプアップで減量しようとした場合
運動をやっていないと体重だけでなく筋肉を落とすようになって、基礎代謝もさがり、リバウンドする確率がアップ。

1日2食の方が痩せるのにピッタリのように感じられますが、1日2食の食生活は体重が減らなくなる勘違いの食生活でありまして、肥満になりやすい食生活の側面もあるのです。

1日3食の注目点

3食口にしても、偏りがあり過ぎては
それほど意味がありませんよね。

痩せやすいように太らない食事の配分は朝昼晩の食事パーセンテージを3:4:3を選ぶことです。

ひとつの例として1日1800kcalがバロメーターとなっている女性のケースでは、朝食と夕食が540kcal、お昼ごはんがやや多めの720kcalと考えて良さそうです。

3食の食事量がおよそ一定なので代謝を安定的に高く保ち易いので、脂肪の燃焼を早める効果をキープすることが可能です。

とにかく朝食を食べてみる

ダイエット中とは言っても、
朝食であっても抜かない事が大切です。

三食ダイエットの基本的な法則。

朝食は1日のエネルギー源になっている重要な食事でして、太らない食生活にするためにはとても重要な要素です

3食の中で、朝食の時に一番多くカロリーを摂取してもいいぐらいだと言われています。朝摂取したカロリーは1日の運動(活動)の中で消費されるのが容易なのです。

朝食を食べるおかげで、頭と身体を目覚めさせて、1日中活発に生活することだって可能です。それにより消費カロリーを増やせるというダイエット効果も見られます。

朝食べることが好きになれない方は…

少なくとも、とにもかくにも食べることが大切ということですね。
ヨーグルトに水1杯。これのみでも体にエネルギーとし蓄積できるので、お薦めできるのです。

食べてみることが大事。
そのうえで朝食をとる事を習慣づけた方が良いでしょう。

昼食はたっぷり!

昼食をきちんと食べなかったら夜までもたないからなんです。わかりやすく言うとお腹が減って夕食に至るまでに高い確率で間食をやるワケです。

夜は食事した物が脂肪とし留まりやすいので、昼に十分に食べるお蔭で、夕食の食べる量をセーブすることが可能になります。夕食のドカ食いを抑制することが出来るのです。

バランスを考えて。

ひとつの例として、『唐揚げ弁当』を食べてみるなら品数のたっぷりの『幕の内弁当』を食べてみる。

3食の食事メニューで昼食が特にたっぷりと食べる食事となるから、栄養価の高食品をできることなら食べるようにするといいでしょう。基本的におかずの量が多い食事を食べるので良いんです。

同じ物でも、考えて選ぶ工夫が必要ですよね♪

マイ弁当をもっていくのが、一番ベスト!

カロリーや栄養配分を計算に入れるし、理想は手作り弁当と言われます。